ガラス

窓ガラスの外側は大気に直接さらされているという悪条件下にあるため、大気中の汚染物質や浮遊粉じんなどが、1㎛以下の微粒子がこびり着く状態で汚れます。また、室内側では人の手や頭髪がふれたりして汚れ、光線透過率は低下します。汚れと光線透過率には相関性があり、ガラスの光線透過率は製造直後の透明ガラスで92%、すりガラスで86%とされていますが、実験によると光線透過率5%減で汚れを感じ、10%減までは辛抱できるが、それ以上に及ぶと不快感を生じるとされています。
窓ガラスの汚れは大気汚染物質の頑固な汚れであるため、たんに濡れ雑巾で拭いた程度ではきれいになりません。

窓ガラス清掃の手順

洗剤の塗布

①アンモニア水をスポンジでガラス面に塗布します。

窓用スクイージで水切り

②窓用スクイージで"水切り"を行い、この時汚れも同時に除去します。

洗浄廃水の拭き取り

③雑巾でスクイージで水切りした洗浄廃水を拭き取ります。

窓ガラス清掃

窓ガラス清掃01 窓ガラス清掃02